スクアドラのアンバサダー

スクアドラは、プロアマ問わず各競技におけるチームにスポンサーという形でなく、想いを伝える
アンバサダーとして商品を提供しています。アンバサダーは、スクアドラの商品開発における
フィールドテスターであり、想いに共感いただけるアンバサダーとして活動していただいています。

ディアブロッサ高田フットボールクラブ

  • #

クラブの成り立ち
1976年 クラブ発足 男子トップチーム創設
1981年 U12創設
1992年 U15創設
2005年 女子チーム創設
2008年 U18創設

ディアブロッサ高田FCは、奈良県大和高田市を本拠地とする、サッカークラブの総称である。
トップチームから、U-12まで全カテゴリーを保有するクラブチームであるほか、総合型地域スポーツクラブとして、多くの年齢層にスポーツを楽しいでもらう地域づくりを目指している。

愛称のディアブロッサは、
スペイン語で「悪魔」を意味する「diablo」とイタリア語で「赤い」を意味する「rossa」を合わせた造語。また「ディア」という読みは英語で「鹿」の意味であり、奈良県の特徴と掛け合わせている。

ディアブロッサ高田FCとスクアドラ
ディアブロッサ高田FCとスクアドラの関係は、20年前ほどに遡る。毎年のように商品開発を共に繰り返し、現在のスクアドラのサッカーウェアカテゴリーの原型を作り上げた。現在では、すべてのカテゴリーでスクアドラのウェアが採用され、特に全日本クラスのU-12をはじめ各カテゴリーが活躍する全国でも規模・実力ともにトップクラスのチームとなった。

奈良クラブ(JFL所属)

  • #
  • #

「サッカーを変える 人を変える 奈良を変える」
奈良クラブはサッカーを通じて、人の成長に寄与したいと考えています。また、人を変えることで奈良に良いコンテンツを数多く生み出し、その結果として奈良がより魅力的な街になることを目指します。人が変わるために必要なことは「学び」と「勇気」です。奈良クラブは世界最先端のサッカー解析と地域に根ざした日々の活動を通じて“学びの型”と“一歩踏み出す勇気”を伝えていきます。

タイトル
全国地域サッカーリーグ決勝大会: 2014年優勝
関西サッカーリーグ1部:2回優勝(2011年, 2014年)
KSLカップ: 2回優勝(2012年, 2014年)
The KSL Island Shield of Awaji (スーパーカップ): 1回優勝(2013年)
奈良県サッカー選手権大会 (天皇杯予選): 10回
(2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017, 2018年) 奈良県社会人サッカー選手権大会: 3回優勝(2004, 2005, 2006年)

奈良クラブとスクアドラ

2012年ごろから、奈良クラブの矢部次郎(当時GM)氏から、ユニフォームサプライヤーの打診を受けていたが、
2014年シーズンから、ユニフォームサプライヤーとして正式契約。
以来、奈良クラブのユニフォームといえば、コンセプトデザインのめずらしいユニフォームを デザインをされる中川政七商店様、奈良クラブ、スクアドラが三位一体となり具現化することとなった。

そしてスクアドラにユニフォームが変わった2年目、2014年 奈良クラブは関西リーグで優勝し、そのまま地決(全国地域サッカーリーグ決勝大会)で優勝まで上り詰める。
JFL昇格を決め、奈良県でJリーグチームが誕生する可能性を県民にアピールした。

また、奈良クラブといえば、天皇杯に何かと物語が生まれる。
2014年の天皇杯(第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会)2回戦でベガルタ仙台(J1)との対戦。
3600人が見守るユアテックスタジアム仙台で、86分#32岡山の決勝ゴールで、ジャイアントキリングを達成する。

そして、2018年98回天皇杯2回戦は名古屋グランパスと対戦。
PK戦のやり直しという前代未聞の上、残念ながら敗戦した。

そのような、さまざまな物語のプロセスでスクアドラが着用された。
これから2019年、J3をめざし、奈良県でJリーグチームの誕生を皆が心待ちにしている。

福山シティFC

  • #

福山シティフットボールクラブ(広島県リーグ1部所属)

福山から世界へ。そして、世界の福山へ。 – 世界へ繋がる道をつくる -を理念に、広島県福山市からJリーグ入りを目指すチーム。Jリーグを目指すと同時に、福山の地域活性、つまり地域課題解決型スポーツクラブとして、新しい組織の在り方を目指す。

福山シティクラブとスクアドラ

なぜ、トップカテゴリーから数えて7部リーグのサプライヤーをするのか?それは、明確なビジョンがスクアドラのビジョンと合致したからにほかなりません。どうしても、リブランディング・スタイリッシュな、と横文字が飛び交いながらチームの方針を打ち出しているにも関わらず、地域にしっかり根差しながら、顧客を福山だけにとどめず世界を目指すというところが合致した理由です。また、フットボールを通じて、、、と文言にあるとおり、サッカーは手段であり、福山を現代社会の縮図と考え、福山の問題解決は日本の、世界の問題解決になるという志に共感しての契約を結びました。2020年シーズンからのサポートになります。

バディフットサルクラブ

  • #

バディフットサルクラブ(関西フットサルリーグDivision1所属)

「L’una vittoria cambia il mondo.」
~ 1つの勝利が世界を変える ~

バディフットサルクラブは、奈良県フットサル連盟に加盟し、現在、関西フットサル2部リーグに参戦しています。
「あと一歩!! もう半歩!!」を今シーズンのスローガンに掲げ、全日本フットサル選手権全国大会出場と地域フットサルチャンピオンズリーグ出場を目標に活動しています。
また、「Buddy=仲間」という概念を基に、フットサルを通して、関わる全ての人が一つになれるクラブを目指しています。

H.L.Pコンフィアンサフットサルクラブ

  • H.L.Pコンフィアンサフットサルクラブ

H.L.Pコンフィアンサフットサルクラブ
(奈良県フットサルリーグDivision1所属)

クラブの成り立ち

奈良県フットサルリーグDivision1所属。2009年に結成した社会人フットサルチームです。2014年にNPO法人Heart Link Projectのフットサル事業部として、H.L.P Confianza Futsal Clubに名称変更

受賞歴
2009年度 奈良県フットサルチャレンジリーグ優勝
2010年度 奈良県フットサルリーグDivision2昇格
2013年度 奈良県フットサルリーグDivision2優勝
2014年度 奈良県フットサルリーグDivision1昇格
2014年度 奈良県フットサルリーグDivision14位入賞
2015年度 奈良県フットサルリーグDivision13位入賞
2016年度 奈良県フットサルリーグDivision2優勝
2017年度 奈良県フットサルリーグDivision1準優勝
2018年度 奈良県フットサルリーグDivision1準優勝
2019年度 奈良県フットサルリーグDivision1優勝

バンビシャス奈良

  • バンビシャス奈良
  • バンビシャス奈良

バンビシャス奈良 (Bリーグ B2所属)

バンビシャス奈良は、奈良県をホームタウンとして2013-14シーズンから当時のbjリーグに新規参入したプロバスケットボール球団です。

奈良県初の「プロスポーツ球団」であり、スポーツを楽しめる街として、奈良を共通話題として地域が一つにまとまれるような共有文化を作る理念があります。

特に県外への情報発信を目標に地域活性化に注力し、子供たちに夢を与えられるような地域貢献活動を行っています。

主な戦績 TKbjリーグ 2013-14シーズン ウェスタンカンファレンス 9位
TKbjリーグ 2014-15シーズン ウェスタンカンファレンス 10位
TKbjリーグ 2015-16シーズン ウェスタンカンファレンス 9位

Bリーグ(B2) 2016-17シーズン 中地区 5位
Bリーグ(B2) 2017-18シーズン 中地区 6位

バンビシャス奈良とスクアドラ

奈良県にプロバスケットボールチームがなかった震災後の2011年。スクアドラ代表の勝谷が、一つのサイトを見つけました。「奈良にプロバスケットボールをつくる会」
すぐにサイトに問い合わせたものの、当時「つくる会」を指揮していた現バンビシャス奈良の加藤代表は、震災後、当時bjリーグ仙台89nersの現場を指揮で奔走していたこともあり、なかなかお互いタイミングが合わなかった時期が続く。
しかし、その年の夏、仙台も落ち着いたころ、加藤代表がスクアドラ本社を訪問。意気投合しそれ以来チームの名前も選手もいない状態からのサポートが始まった。
現在では、2014-15シーズンから8年間におよぶ公式ウェアサプライヤー契約を継続中。
選手やスタッフのウェア、ユニフォームだけでなく、グッズ・冠ゲームの企画など、多くのコラボレーションを生み出すパートナーして、今後もお互いの永続的発展を目指している。

大分三好ヴァイセアドラー

  • 大分三好ヴァイセアドラー
  • 大分三好ヴァイセアドラー
  • 大分三好ヴァイセアドラー
  • 大分三好ヴァイセアドラー

大分三好ヴァイセアドラー (V.LEAGUE Div1所属)

母体は三好内科・循環器科医院であり、1996年開業と同時に創部。2004年V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ)昇格。2006年V・プレミアリーグ初昇格。

チーム名は、地域から愛されるチームを目指し、大分がつけられている。
また、「ヴァイセアドラー(Weisse Adler)」とはドイツ語で「白いワシ」の複数形であり、「鷲」は威厳と力強さの象徴。
日本の医学発展においてドイツから学んだことが多く、医療機関が母体のチームらしく、ドイツ語を採用している。

主な戦績

リーグ戦
V1リーグ
第7回 (2004/05) 5位
第8回 (2005/06) 優勝
V・プレミアリーグ
2006/07シーズン 8位
2007/08シーズン 8位
2008/09シーズン 8位
2009/10シーズン 7位
2010/11シーズン 8位
2011/12シーズン 8位
2012/13シーズン 8位

V・チャレンジリーグ
2013/14シーズン 準優勝
2014/15シーズン 優勝

V・チャレンジリーグI
2015/16シーズン 準優勝
2016/17シーズン 優勝
2017/18シーズン 準優勝

V.LEAGUE(Div1)
2018/19シーズン
2019/20シーズン 

大分三好ヴァイセアドラーとスクアドラ

2018年シーズンより、日本のバレーボールトップリがV.LEAGUEとなる初年度。大分三好ヴァイセアドラーは、前年のVチャレンジリーグで準優勝し、V1昇格を決めていた。Vリーグは、サッカーやその前にリーグが統一したバスケットボールBリーグのようにまさにプロ化の壁に突き当たりながらも、リーグ再編に向けて動き出した。
その初年度みごとにトップリーグに昇格したヴァイセアドラーは、自チームのブランド化。ヴァイセアドラーをもっと大分県民がみんなで応援できるチームとなるよう県内の多くの方が案を持ち寄り模索する。その中でユニフォームにおいては、従来のメーカーより大分らしさを表現でき、グッズ展開においても小回りのきくメーカーとして指名されたのがスクアドラであった。
そこには大分のアサリスポーツの那賀氏が奔走し、スクアドラの良さをアピールしていただいたからであった。大分らしいユニフォームをデザインするのは非常に困難を極めたが、大分といえば温泉地。そして温泉の浴衣でよくあるデザインの「矢羽根」の意味を調べたところ的中・そして破魔矢などに代表されるように、霊的であり縁起が良く、まさにバレーボールの的中にぴったりのデザインであった。ユニフォームのデザインでは、矢羽根を取り入れただけではなく、浴衣の表現をするために、カスリのような地模様を組み合わせ、まさにスポーツウェアだが、ゆかたのように見える表現をあしらった。 Vリーグ初年度、この的中ユニフォームで 予想を覆す結果を残していただきたいと思う

奈良ドリーマーズ

  • 奈良ドリーマーズ

奈良ドリーマーズ (V.LEAGUE Div3所属)

結成当初から、夢であり目標であったVリーグ機構入りや世界で活躍する人財を輩出し、バレーボールを通じて、我が国のスポーツ文化に寄与したいという、夢を追いかける仲間、同志(COMERADE)達の集まりを意味しています。

主な戦績
リーグ戦
V・チャレンジリーグII
2015/16シーズン 6位
2016/17シーズン 7位
2017/18シーズン 8位

奈良ドリーマーズとスクアドラ

2016-17シーズンの始まる前、GMの尾上氏、監督の鹿谷氏がスクアドラ本社を訪問。地元奈良のバレーボールチームということもあり、ユニフォームサプライ契約を締結しました。現在では、WS#15上峻 は、株式会社アクラムの社員として働きながらチームの大黒柱として活躍している。

Hit enter to search or ESC to close